ページ コンテンツ

~鮮度を上げればすべてがうまくいく~

自分アップデートを叶えるレッスン

私が「装い続ける」と決めた理由

約 1 分
私が「装い続ける」と決めた理由

私が「装い続ける」と決めた理由

私自身が、ファッション分析・似合うメイクと
出会うことで、自分自身が救われました

自分自身がこのファッション分析と出会ったのが
42~43歳のころ
遅くに結婚したので、子供が幼稚園に通うころ
私はかなり年上のお母さん
自分よりはるかに若いお母さんばかりで
すごく自分が老け込んだ気がしました

なんとか若くいたい!
まだまだ私はいける!

ただ30代とは何かが違ってきていて
その何かが自分では判らない

あれこれファッションに手を出して迷走しまくり(笑)
空回りの毎日でしたね

そして出会った自分に似合う
「色・デザイン・素材」そしてメイクで、
外見を整えていくことで
だんだん自信もついて、楽しくなっちゃった

同じように40代にはいって悩む女性の事が
痛いほどわかるから、このお仕事を始めました

女性はいくつになっても綺麗でいたい
素敵な自分でいることで、どこか自信が
みなぎり笑顔が自然と出てくる

そんな生き物なのです
自分に手をかけてあげる時間が取れることが
心の余裕であったりするものです

私はそんな女性のためでも
これは自分自身の「老い」へのあらがいであり
老いを楽しむ受け入れる
そんな準備をしていきたいと思っています

誰しも「老い」への気持ちは同じ
女性として、いくつになっても素敵でいたい

50代・60代になっても「かっこいいおばちゃま」
それが自分自身の目標であり
お客様にも
提供していきたいサービスだと思っています

海外で70代でもステキにメイクして
お洒落を楽しむおばあちゃまがクローズアップ
されていましたが、私もそうありたいし
そのお手伝いをしたい

だってキラキラ輝く素敵なおばあちゃまが
身近にいれば「年取るのも悪くないね」って、
若い人も感じられる
見ていて周りだって楽しいに決まってる

だから元気なおばちゃまをどんどん増やす!!

これが私のお仕事を続けていきたい理由です

そしてもっとその先
”死ぬまで女性でいた人”を私は知っています

自分の時間があまりないと感じていたのか
私に、新しい下着を買ってきてほしいと頼んだ母
なんでこんな時に・・下着買うの??いま??
そう思いましたが
母の女性としての気持ちの表れの一つですよね

死ぬまで女性は女性なのです
最後のお別れに、メイクを私がしてあげました
みなさん「綺麗だね~眠っているみたいだね」と
言ってくださっていました

最後のその時まで
輝き続けてみんなの記憶に残りたい

そう願う女性の力になれればいいな

私自身が、”装い続ける”
それこそ「装うことは生きるちから」
人生のテーマであり
その「装うこと」を手助けしていくことが
私のやりたい仕事です

~∞ スタイリング~
代表 浅浦千夏

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)